2021年04月28日

パン・ド・ロデヴ通販企画「おうちロデヴ」

たくさんの人で集まってパンを楽しくいただくことができないので、ご家族など近しい方と楽しい時間をお過ごしいただけるように、おうちロデヴの宅配企画も行っています。

2020年9月 ベッカライ徳多朗の徳永久美子さんのパンセット
2021年1月 京都「たま木」玉木潤さんのパンセット
1〜2月 北海道・忍路「エグ・ヴィヴ」丹野隆善さんのパンセット
3月 世田谷「ブロートハイム」明石克彦さんのパンセット

感想をご紹介します!

食べるよ会員MKさん(東京都)
昨年食べ損ねていたシュトーレンが入っていて嬉しいです!
とっても豪華な内容です。
このような企画をしていただいて本当にありがとうございます。
緊急事態宣言の中、お家時間が楽しくなる嬉しいプレゼントです。
IMG_20210111_181334_902.jpg



食べるよ会員KKさん(大阪府)より
FullSizeR.jpg
エグ・ヴィヴ丹野さんのロデヴが届きました。鯛のソテー、マスタードソース添えで頂きました。
あと、福島県の渋柿の赤ワイン漬けにクリームチーズと生ハムを乗せてロデヴと一緒に頂いたのも美味しかったです!!


食べるよ会員 YYさん(埼玉県)
とどきました。北海道は忍路から、エグ・ヴィヴの「大きめロデヴ」!!
それにしてもデカい。
思わずメジャーを出して計ったら30×20p以上もあるではないですか。
IMG_4090.jpg
もう、この感動を伝えたくて、そばにあったワインボトルに添い寝をしてもらいました。
伝わるでしょうか。フリュイは、どしっと重くて15p四方。
IMG_4089.jpg
冬場に限って宅配をしてくださるというエグヴィヴさん。
大きく焼いて、みんなで分かち合うのにぴったりの大型食事パンは
かつての欧州の村の共同窯の風景をほうふつとさせます。
もちろん中はしっとりと冷たさを感じるほどで、クラストはパリッ。
がりがり、ざくざく切って、たまたま集まったボランティア仲間たちと
美味しくいただきました。たっぷり楽しめるデカさに感謝です。
丹野さま、ごちそうさまでした。

posted by パン・ド・ロデヴ普及委員会 at 17:30| Comment(0) | 2020年度

2021年04月27日

パンとパンの仲間たちオンラインセミナー開催

引きつづき2020年度もコロナ禍にあるため、残念ながら、技術講習会も食べて楽しむ会もできません。
そこで新企画として、ズームを使ったオンラインセミナーを開催しました。

オンラインセミナー「パンとパンの仲間たち」
2020年10月13日 吉田英明氏(リンデンバーム)
京都のシャルキュトリ「リンデンバーム」でも販売されているリエット、プルドポーク、レバーペーストの作り方が、吉田シェフの手によって、手際よく披露されました。パン屋さんでも販売できるように、プロの見地からのアドバイスがなされました。
スクリーンショット 2020-10-27 19.02.32.png

会員さんからの、感想が届きました。
大阪府KKさん(食べるよ会員)
先日、プルド・チキンを作ってピクニックに行きました。プルド・ポークも何度か作り美味しかったですが、チキンはあっさりとして冷めても臭みがなくすごく美味しかったです。
吉田さんのセミナーでお肉の状態や調理の仕方をアップで映してくださっていたのでとてもわかりやすかったです。
FullSizeR 2.jpgFullSizeR.jpg


2020年10/23 仁瓶利夫氏(ラトリエ・ドゥブテイユ)
バゲットはなぜ長くなったのか。パン・ド・ロデヴが派生してきた背景や社会的な変遷、また聖書に見えるパンの位置づけなど、豊富な写真や資料とともに、仁瓶ワールドが繰り広げられました。

10/27 吉田英明氏(リンデンバーム)
吉田シェフの2回目のセミナーはソーセージと簡単なテリーヌの作り方。ともに「決着」が重要なポイントです。
スクリーンショット 2020-10-13 20.39.28.png

11/20 内田一也氏(創作珈琲工房「くれあーる」)
日本スペシャルティコーヒー協会のローストマスターズ(焙煎部門)委員会委員長も務める内田さんの話しはワールドワイドです。世界に広がるコーヒー産地や産地別のコーヒーの味わい、そもそもおいしいコーヒーとはどのようなものかについての話しの後には、おいしいコーヒーの淹れ方のレクチャーがありました。

12/18 仁瓶利夫氏(ラトリエ・ドゥブテイユ)
仁瓶さんの2回目は、世にはびこる天然酵母神話についてと、国産小麦信仰の嘘についてです。「天然酵母パン」という正しくない表現がいまだ日本中に横行し、やみくもに国産小麦が安心安全とあおる態勢に警鐘を鳴らされ、真実を知る大切さを説かれました。

1/22 仁瓶利夫氏(ラトリエ・ドゥブテイユ)
仁瓶さんの3回目は、受講者参加型の「ズームによる食べて楽しむ会」です。まずは、仁瓶家のおからの紹介が仁瓶さんからあり(作成は奥様)、その後は受講者が自宅で作ったリュスティックの内相診断。
1611289329093.jpgimage3.jpegimage5.jpeg
そして、受講者が順番に各自がパンを作るか持ち寄り、「合わせて食べておいしいもの」の紹介をしていただきました。いろりでパンを焼き直す話し、イタリアでの食べ方、飛騨地方のお漬け物、氷見の牛昆布締めなどなど、日本各地からの参加者を反映して、様々な紹介が行われ、とても楽しい時間でした。

食べるよ会員MMさん(兵庫県)より
コロナ禍においても思いがけず、「おうちでロデヴ」で仁瓶さんのパンを味わえたり、遠隔レクチャーが受けられたり、
今回のように、パンを愛する皆さんの貴重なお話を聞きながら晩酌(笑)を楽しめたり、
非常に楽しく学び多い経験でした。
スクリーンショット 2020-11-20 19.38.56.png
2/23 内田一也氏(創作珈琲工房「くれあーる」)
カップオブエクセレンスのコンクールのときに、プロである審査員が行う「カッピング」について、詳しくその基準や方法、価値などが披露されました。

食べるよ会員KKさんより
コーヒーの面白い話がたくさん聞けて勉強になり楽しかったです。
1番、驚いたことはコーヒーに苦味が無いことです。パンもロデヴ普及委員会に参加してから、本当の美味しさが分かり、今回のコーヒーでも今まで飲んでいたのはなんだったんだ!と思う衝撃でした。
あまりいいコーヒーじゃ無いのにお値段はお高い大阪に少し腹が立ちました。
身近な人に本当に美味しいコーヒーはこういうものだよと広めたいと思いました。

posted by パン・ド・ロデヴ普及委員会 at 23:17| Comment(0) | 2020年度