2017年05月31日

食べて楽しむ会@能登

ロデヴの会 活動報告
2017年5月9日(火) 能登・門前町

□第39回「食べて楽しむ会」開催
IMG_5461.jpg
会場となったレストランふらんじゅ。右手前がワイナリーの建物、さらに右奥にパン工房


 第39回の「食べて楽しむ会」を能登・輪島市門前町のレストラン「ふらんじゅ」にて開催しました。講師は仁瓶利夫さん(ラトリエ・ドゥブテイユ)です。ここは海に面した傾斜地を切り開き、ぶどうの木を植え、育てたぶどうからワインを作り始めたハイディワイナリー併設のレストランです。1年前に完成し、パン工房もできました。オープン時に仁瓶氏がパンを指導に行ったことから、今回の開催となりました。参加者は各地から集まった当委員会会員だけでなく、能登の飲食関係者などたくさんの方がおいでくださり、30名を超えました。
 レストランは全面ガラス張りで、はるかかなたまで日本海が見渡せます。また眼下にはハイディワイナリーのぶどう畑も広がり、まさしく絶景! 別天地に来たような心持ちになりました。

IMG_5503.jpg
仁瓶さんによるパン・ド・ロデヴ、パン・ド・ロデヴ・フリュイ、パン・リュスティック、1930年代のバゲット、パン・オ・ルヴァン(丸形)

 さて代表理事松成の挨拶のあと、仁瓶さんがパンについて説明し、齋藤壽さん(美瑛料理塾/ふらんじゅ料理顧問)が乾杯の音頭を取ってくださいました。(齋藤さんはこの日のために北海道の美瑛からかけつけてくださっています。レストランの場所の選定、設計の段階からこのプロジェクトに関わり、ようやくここまで来たと感慨深げでした)。そしていつものごとくパンだけをじっくり味わう時間です。
2017_0509能登 仁瓶ロデヴ (4).jpg18470745_1213386055451107_385945120_n.jpg
「今日は大きなパンを囲み、仲間とともに分け合って食べる喜びをぜひ味わってほしい」と話す仁瓶利夫さん

 料理は松田美穂子シェフ率いる「ふらんじゅ」のスタッフが準備してくださいました。
IMG_5491_edited-1.jpg
レストランから車で5分のところで飼育されている七面鳥を使ったバロティンヌ(詰め物をした鳥の冷製)、漁港から揚がったばかりの魚を使ったサラダ、イワシとじゃがいものガレット、鯖のクール・ブイヨン煮、近隣の野菜を使ったピクルスなど、能登産の豊かな食材がふんだんに使われた料理でした。また3年前の神戸での「パン・ド・ロデヴを楽しむ会」の際に松田シェフが再現した「仁瓶家のおから」が今回再び登場し、参加者を喜ばせました。
IMG_5480.jpgIMG_5484.jpg
2017_0509能登 仁瓶ロデヴ (13).jpg


能登産の食材をふんだんに使った料理の数々。スタッフがきびきびと、楽しげに準備、サービスしてくださいました。



2017_0509能登 仁瓶ロデヴ (29).jpg
 食事のあとにはまず松田美穂子シェフが、齋藤さん、仁瓶さん、吉田英明さん(京都「リンデンバウム」)を紹介し、それぞれの方とのつながりについて話されました。そしていよいよトークショーです。齋藤さんが「料理王国」を創刊された頃の話しに始まり、三氏がそれぞれの仕事に傾ける思いや、昨今の食業界事情についての討論が繰り広げられました。参加者(料理人)からの「あなたにとって『おいしい』とは何ですか?」との難しい質問を受けて展開された話は、各氏の職業観や人生論にも通じる話であり、参加者を深く頷かせるものでした。
 最後にハイディワイナリー代表の高作さんよりご挨拶があり、余韻を噛みしめつつ、日本海に落ちる夕日を背景に散会しました。

18424883_1213386085451104_1558585643_n.jpg
たくさんの方々のご縁と協力で会が実現しましたこと、感謝の思いでいっぱいです。心に残る会をありがとうございました。
(報告:塚本有紀)
posted by パン・ド・ロデヴ普及委員会 at 14:40| Comment(0) | 2016年度

2016年11月05日

■第19回「技術講習会」と第33回「食べて楽しむ会」

■第19回「技術講習会」と第33回「食べて楽しむ会」
2016年10月18日(火)  東京・新宿区

さあ、いよいよ10年計画前半の折り返し年、ロデヴの会5年目のスタートです。
年度の初めを飾るのは、当会ロデヴ技術顧問の仁瓶利夫さんです。会場は新宿区の大型ビルの一角にある、カネカ食品株式会社のラボに今回もお世話になりました。


104705.jpg

102004.jpg  
前日に焼いたバゲット、パン・リュスティック、パン・ド・ロデヴ(プレーンとレーズン&クルミ入り)と、当日のリュスティック(アプリコット&くるみ)








IMG_6527.JPGIMG_6540.JPGIMG_6537.JPG

今回は、台湾のベーカリー野上麺包店の3人のほか台湾勢が合計5人も参加してくださったほか、アシストにカネカの山ア隆二さんはじめマンダリンオリエンタル東京の大橋哲雄さん、帝国ホテルの二宮茂彰さんとパン業界の敏腕がそろい、流れもスムーズに行きました。








IMG_6530.JPGIMG_6534.JPG
ロデヴの端生地をオリーブオイルで揚げるカネカの山ア隆二さん。
このあと、きな粉と和三本のミックスをまぶしてはさみで切ると、みんなの手が止まりません!






4 (1).jpg
この日のツボは「酵母とルヴァンの違い」を語る仁瓶さんのセミナー。ホワイトボードと仁瓶さんの話の分かりやすさに、たくさんの人が「そうだったのか、やっと分かった」と大きく開眼しました。

午後1時からは「食べて楽しむ会」です。
まずは、スパークリングで乾杯。そして一口目はお約束の「ロデヴのプレーン」をそのまま味わうところからのスタートです。続いてこの日もロデヴ・ノア・レザンとリュスティック、1930年代のバゲットがサービスされました。

2016 10ロデヴ 仁瓶カネカ (40).jpg






2 (1).JPG2016 10ロデヴ 仁瓶カネカ (45).jpg5 (1).JPGIMG_6603.JPG
2016 10ロデヴ 仁瓶カネカ (48).jpg
お料理のランチボックスの中には、ハム2種類をメインとして、白いんげん豆とツナのサラダとフレッシュサラダ、オリーブ、コルニッション、きのこのペースト、デザートには水きりヨーグルトクリームと、コアントロー風味の薄切りオレンジ。サイドには季節の南瓜クリームスープと、あさりのアヒージョが並びました。
チーズは秋の名物モン・ドールをスプーンでサービス。ロデヴの町に程近い南仏の濃厚な羊乳製チーズ「エルッチャ」も一切れ入りました。
どの料理も主張しすぎず、ロデヴと合わせると、ロデヴもお料理もいっそうおいしくなると、そのバランス感覚には絶賛の声が上がりました。

作ってくださったのは、作るよ会員のエドガー朋美さん。「私はベーカリーで、料理は専門じゃないのですが」と謙遜しながらも最大限の味をこのタイミングで出すために早朝から仕込んでくださいました。パンの味をよく知る人だからこそできた、「ロデヴにあわせるバランスの取れた味わいと量」だったのかもしれません。






2016 10ロデヴ 仁瓶カネカ (57).jpg
午後のセミナーも、あらためて「酵母とルヴァンの違い」がテーマ。最後には全員から自己紹介と感想をいただき、台湾からのお客様も日本各地からのお客様も、再会を約束してにこやかに解散となりました。
台湾からのお客様は、かねてから、台湾でのロデヴの会の開催を求めてくださっていました。「皆さん、本当にニコニコして帰られましたね。ムードもアットホームですごくよかったです。驚きました。台湾でこれほど熱心な食べ手を集めて、これほどのセンスのお料理をそろえるには、もうしばらく時間が必要かもしれません」と言ってくださり、今後の長期的なお付き合いを約束しました。












5 (2).JPG3 (2).JPG
最後になりましたが、ハム2種類は大山ハム様から、オリーブとコルニッションはオリーヴ・ド・リュック様から、そして5つのスパイスが入ったりんごジャムと、ボックスの中のきのこのペーストは、ベッカライ徳多朗の徳永久美子さんから協賛でした。
皆様、ありがとうございました。そして今後ともよろしくお願いいたします。  
             報告  松成 容子
タグ:NO19
posted by パン・ド・ロデヴ普及委員会 at 19:57| 2016年度