2021年07月18日

オンライン「パンに合うコーヒー」セミナー開催

6月22日は「パンに合わせるコーヒー」と題したセミナーを開催しました。
スクリーンショット 2021-06-22 16.09.53.jpeg
講師は仁瓶利夫さんと、静岡の創作珈琲工房「くれあーる」店主で、日本スペシャルティコーヒー教会の焙煎部門委員会委員長でもある内田一也氏のコラボ企画。パンとコーヒーのマリアージュを考えるセミナーです。
5種類のパン(バゲット、パン・オ・ショコラ、パン・オ・ルヴァン、パネトーネ、イギリス食パン)にコーヒー5種類(ケニア、コスタリカ、エチオピア、ドミニカ、ガテマラ産)を組み合わせ、それぞれの風味と合わせる理由をお二人が語ってくれました。

試食用のパンを作ってくださったのは、バゲットとパン・オ・ルヴァンが仁瓶さん。そしてパネットーネ、パン・オ・ショコラ、イギリス食パンは「コシュカ」秋元英樹さんのお二人という豪華版です(とくに秋元さんのパネットーネは今注目の逸品なのです)。事前にパンと、内田さんのコーヒーが配送されているため、参加者はお二人の話を聞きながら実際に自分で試すことができるという、めったにない機会となりました。(塚本有紀)

詳しい講座の内容と感想は、ご参加のみなさんからの感想にて!

・・・・・・・・・・・・・・・・
食べるよ会員 YAさん(川崎市)
珈琲豆の火入れをしっかりしたものが美味しいコーヒーで、冷めても美味しいというのが
パンと全く同じでとても納得しました。
送って頂いた、珈琲はどれもとても個性的で初めて出会う味でとても興味深く、珈琲の世界を楽しませて頂きました。
オンラインセミナーは全ての珈琲を準備して飲みながら参加させて頂きましたが、
セミナーが終わって冷めた珈琲の味が、淹れたてとは違っていたり、
甘さを感じたりと、味の七変化を感じました。
成瀬裕子さんがおっしゃっていた事が良くわかります!
また、珈琲の産地の話や業界の裏話も面白かったです。

仁瓶さんのパンはもちろん素晴らしく!
パン・オ・ルヴァンもやはり一手間かかっていて、妥協のない仁瓶さんのパン作りを垣間見れて嬉しかったです。秋元さんのパンも珈琲とのカップリングでより美味しく頂きました。

パンと珈琲の組み合わせも流石のセレクトでした。
貴重なパンと珈琲、そしてお話をありがとうございました。
とても良い経験となりました。

・・・・・・・・・・・・・・・・
食べるよ会員 ANさん(高岡市)
今回は身近な飲み物コーヒーとの関係がテーマだったのと
皆さんの顔を見ながらのセミナーだったので(いつもは資料や画像を大きく見たいので皆さんの顔を見るのは最初だけにしていました)リラックスして家族と一緒に楽しみました。

セミナー中は、バゲットにコーヒーはケニアのロイを準備していました。
コーヒーは甘みも感じ美味しかったです。

私は酸味のあるコーヒーが好みではありませんが、
内田さんが提案されるコーヒーはこれまでも酸味を感じても美味しいので不思議でした。
上質な酸味は美味しいものだと気づかされた昨日でした。
焙煎で酸が変わるというお話も興味深かったです。
ですから、私が好きなパン・オ・ルヴァンの酸味にはエチオピアの爽やか酸味を合わせるという提案に興味深々で今朝はパン・オ・ルヴァンにバターとハチミツ、そしてエチオピアのゴラ コンで。
酸味に酸味とは!美味しい組み合わせにパンもコーヒーも進みました。

イギリスパンですが写真を見た時になんで周りに切込みが入れてあるのかと思っていましたが焼くと耳がサクサクするという裏技!明日の朝食に実践します。
これに合わせたガテマラのコーヒーですが、オレンジやマスカットまでは感じとれなかったものの甘みはあり、これは冷めるとテキストにあるようにミルクチョコのような口当たりというのがハッキリわかりました。冷めても美味しく飲む事ができました。

パネットーネ!美味しいです。これで満足のいくものではないとなると、満足のいくパネットーネとはどういうものなのでしょうか。
今日友人達にスライスして持って帰って貰いましたら、「今まで食べたパネットーネは何だったのか!」「別物だー!」と言われました。

セミナー前にもう試食試飲を済ませたパン・オ・ショコラと合わせたコスタリカコーヒー。
コーヒーはそのままでも美味しかったのですがミルクと合わせてカフェオレに。最初はちょっとだけミルクを入れてそれから自分好みに足しました。
深煎りじゃなくても美味しいカフェオレができますね!
私達は深煎りが好きなのですが、浅煎りでも芳醇な香りと深みのある豆に出会うと美味しいと感じた意味もなんとなく、なんとなくですがわかった様な気がしました。

ドミニカのコーヒーも香りが強くミルクと合わせても良いとの事なのでカフェオレでも飲んでみます。リモートは自宅に居ながらにして参加出来るので大変有り難い企画ですが
昨日は皆さんと一緒に共感したり話しながら食べたい内容でした。

・・・・・・・・・・・・・・・・
食べるよ会員 KKさん(箕面市)
昨日のオンラインセミナーありがとうございました。
気候変動によるコーヒー生産の影響や小麦粉の灰分のお話などとても勉強になりました。
パンとコーヒーについて仁瓶さんと内田さんからお話を聞けて嬉しかったです。
パンとコーヒーの組み合わせ、どれも想像を超える美味しさでした。内田さんのコーヒーを飲ませて頂くと自分が飲んでいたコーヒーはなんなんだと思ってしまうほど、色んな香り風味がして感動します。

・・・・・・・・・・・・・・・・
食べるよ会員 MNさん(西宮市)
自宅からズームのつもりで背景に仁瓶さんの本がチラ見せできるようにセットして出かけたのに、とんだハプニングで、これはとても間に合いそうにないとスマホに慌ててズームをインストールして、六甲山からの参加となりました。

私は背景がリアル六甲山になりましたが、
仁瓶さんの富士山はどこからの写真だったのか
内田さんの山もどこか産地の山かと私が再生した中には話題になっていなかったようです。
フレンチプレスのポット、Amazonで発注したので到着を待っています。
ロデヴの会でお目にかかったことがある方のお顔がチラチラ出てきて、嬉しかったです。
楽しい企画、ありがとうございました。
posted by パン・ド・ロデヴ普及委員会 at 16:25| Comment(0) | 2020年度
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: