2019年02月25日

食べて楽しむ会@ブロートハイム

2019年2月13日
パン・ド・ロデヴを食べて楽しむ会@ブロートハイム(東京・世田谷)にて

■ 第50回「食べて楽しむ会」開催
美味しいパンを、テーブルごとに自分たちで切り分けて、合う料理と一緒に食べて、話をして…本当にただそれだけの「食べて楽しむ会」なのに、そしてブロートハイムではすでに13回めなのに、どうしてこれほど盛り上がるのか、というほどわんわんとにぎやかな会が、無事終わりました。
みんな、知り合い? いえいえ、今回は初参加者が4割もいらっしゃいました。それでもアッという間に打ち解けられたのは、まさに美味しいものの力でしょうか。
今回も満員御礼で、キャンセル待ちの方が何名もいらっしゃいましたが、結局キャンセルは出ず、ご案内できないままでしたこと、お許しください。
いつもぎゅうぎゅうになるブロートハイムの「カフェ・ゼーバッハ」。この日は店内の家具やワインセラーをスタッフの方がみんなで外に運び出し、終わったらまた中に。「ロデヴの会では毎回のことですから、平気ですよ」と、すっかり慣れた対応には心から感謝しています。
20190213_160951.jpg20190213_162136.jpg


この日のロデヴはいつもの「プレーン」にクルミのローストをあわせた「ルヴァン・ノア」、自然の甘さが際立ってデザート不要にしてしまう「ロデヴ・フリュイ」はグリーンレーズン、オレンジカット、クルミのロースト入り。
さらに最近登場した「パン・オゾリーヴ」は、オリーブ入りの新顔ロデヴとしてすっかり人気者の座を仕留めています。
「でも、このおいしさは、オリーブ・ド・リュックさんのオリーヴじゃないと出ないんだよ」とは明石さん。グリーンオリーブのアンチョビ風味が絶妙な味と風味を出すのです。
20190213_165621.jpg


南フランス生まれのリュックさんは、この日、オリーヴのほかにオリーブオイルとロデヴとの相性にも「同じ郷土のものを」と熱弁をふるっていました。
さらにリュックさんのお嬢さん、ドゥマンジュ・ファビエンヌ萌さんは、キャロットラペと根セロリをレモンマスタードで和えたサラダをご提案くださいました。
スープは、ロデヴの町から近いロックフォール村のブルーチーズ、ロックフォールを贅沢に溶かし込んだ絶品。「さすがに、郷土が近いとあうね」と南フランスの食文化を堪能した夜になりました。
20190213_165552.jpg


そして、この夜のもう一つの話題がドイツパンでした。
「やっぱり手成形がいい」と明石さんおすすめのカイザーゼンメルや、ドイツでマイスターを取った原田良平さんの講習会で明石さんが気に入ったというヒマワリの種の入った「ゾンネンブルーメンブロート」も並び、パンの世界はさらに奥行きが出ました。たまたま来日していたドイツで話題のパンブロガーのルッツ・ガイスラーさんも「こういう会、ドイツでもすればいいのに」と楽しんだご様子のコメントを残してくださいました。

20190213_165703.jpg20190213_163331.jpg

(報告:松成容子)
posted by パン・ド・ロデヴ普及委員会 at 19:17| Comment(0) | 2018年度
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: