2017年11月21日

食べて楽しむ会@徳多朗ヨツバコ店

ロデヴの会 活動報告
2017年11月7日(火) 横浜


□第42回「食べて楽しむ会」開催

快晴の空が気持ちの良い秋の一日、横浜の人気べーカリー「ベッカライ徳多朗」ヨツバコ店で「パン・ド・ロデヴを食べて楽しむ会」が開催されました。受け手は、ご主人の徳永淳さんとともにお店を営む徳永久美子さんです。いつも大人気の徳永さんの回ですが、今回も募集開始後あっという間にいっぱいになりました。


IMG_7376.jpgIMG_7378.jpg



IMG_7386.jpg
今回は当会技術顧問の仁瓶利夫さんも徳多朗の厨房に入り、仕込みをサポートしてくださったそうです。
まずはいつものごとくプレーンのロデヴと、お店の一番人気「クルミのロデヴ」を味わう時間から。
徳永さんは「50才になったらピザ職人に転向しようと思っていたのに、こんなにすごいパンに出会ってしまって、それができなくなった!」と話されました。すごいパンとは、仁瓶さんの作られたロデヴのことです。

DSC07488(1).jpg7M207611(1).jpg

IMG_7392.jpgIMG_7387.jpg
続いてお店いちおしの「冷たいバター&チーズ」をはさんだクルミのロデヴがサービスされました。
 乾杯の後、会食がスタートします。今回のテーマは「和風」。徳永さんの独創的な料理が次々とやってきます。



7M207623(1).jpg
根菜ミックス炒め&白味噌のタルティーヌ
やっぱりロデヴは和の味にもよく合うことを実感します。

IMG_7391.jpg7M207616(1).jpg
「切り干し大根のソムタム風」と「カリフラワーのサラダ」
ソムタムとはタイの青パパイヤを使ったサラダのことですが、これを切り干し大根で。ナンプラーが使われていて、ちょっとエスニックな味わいです。カリフラワーは農協から納品された採れ立てで、まかないのサラダの人気者なのだそう。


IMG_7396.jpgIMG_7395.jpg
「ボクの低温ローストした豚肉」と「自家製ザワークラウト」
 スパイスと肉のうまみがたくさんのっていて、じんわりくるおいしさの豚肉に、フレッシュなザワークラウトが好相性です。このマル秘の漬け込みは社長の徳永淳さん(=ボク)によるもので、昔カフェをやっていた頃に作っていた懐かしの料理なのだそうです。こんな料理が食べられて私たちはとても幸せです。


7M207620(1).jpg
「オレらのリエット」
オレらとは製造スタッフのこと。オレらが自由な発想(今回は赤ワインを使用)で煮込んだリエットです。口の中でとろけるようなおいしさでした。「副社長(=徳永久美子さん)のロデヴに捧げます」との副題が付いていました!

こちらは「わたしの魯肉飯の具」
IMG_7399.jpg
「わたし」は久美子さんです。魯肉飯(ルーローファン)とは、台湾の煮込み豚肉かけ飯のこと。皮付き豚肉に、台湾の五香粉が決め手。今回は社内みんながアイデアをだしあって、「豚肉でロデヴに合うもの」を作ってくださったのです。



たくさんのおいしい料理がでてきましたが、秀逸だったのはこれ。
IMG_7397.jpg
「揚げロデヴ 和風汁」
なんと上にのっているのはロデヴの生地にライ麦粉を付けて揚げたもので、鯖と鰹だしの和風のおつゆに浮いています。
びっくりのビジュアルに続いてもっとびっくりしたのは、そのおいしさです。まさかこんなにロデヴが和風のおつゆに合うとは! これはもう脱帽以外の何ものでもありません。参加者からの大絶賛を浴びていました。お店のスタッフの間でも大流行中だそう。

さて〆は「スパイスあんこのアッフォガート」と「ロデヴ・オ・ザマンドりんご味」

IMG_7400.jpg7M207644(1).jpg

DSC07505(1).jpg
IMG_7405.jpgIMG_7404.jpg
いつもながら、スタッフの皆様がつねに温かく気持ちよくサービスをしてくださいました。
当日は本店が定休日とのことで、本店からもお手伝いに来て下さり、最終的には30名近くの方のお顔が見えました。そして久美子さんの指名で、急遽何名ものスタッフの方々が「私とロデヴ」について、お話しくださいました。いかに難しいか、いかに面白いか、そしてロデヴの会に参加したことがきっかけで徳多朗に就職してしまった方も! 「ロデヴは食べておいしいけど、かっこいいパンでもある」、「切っているだけで、うまそう!と思う特殊なパンだと思う」などなど、久美子さんだけでなく、みなさんがロデヴを愛していることが、ひしひしと伝わって来ました。

さて参加者の自己紹介の時間には、「今日は刺激と感動を貰った。これからも自分の舌を鍛えていきたい」、「日頃パン作りが仕事だが、今日は気持ちが奮い立った」、「こんな時代に共感できることは素晴らしい」など熱い意見が飛び交いました。
いつもながら心に残る温かさとパッションでもてなしてくださる徳永さんご夫妻とスタッフの皆様方、そしてロデヴを囲んでひとときの楽しい時間をご一緒してくださった皆様方、本当にありがとうございました。
(報告:塚本有紀 写真:森田圭二、塚本有紀)
posted by パン・ド・ロデヴ普及委員会 at 13:57| Comment(0) | 2017年度
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: