2021年07月18日

仁瓶利夫さんのオンラインセミナー

7月12日は仁瓶利夫さんによる
「フランスパンの嘘を検証する  NHK総合『チコちゃんに叱られる』を題材にして」
を行いました。
スクリーンショット 2021-07-12 16.05.21.png
バゲットは「サンドイッチをパンパン作るため」に細くなった。
バゲットやバタールは、生地分割重量やクープの数が決まっている。
フランスには「フランスパン」というパンが売られている。
世にはこんなフランスパンにまつわる嘘がまかり通っていると、仁瓶さん。

仁瓶さんが豊富な資料をもとに、チコちゃんよろしく
「ボーっと生きてんじゃねーよ!」
とするどく切り込まれました。

バゲットが細くなった理由については、
・1920年代、「バゲットの黄金期」と呼ばれる時代に、パン職人だけが夜勤を禁止されなかったそうで、かつ、かりかりした食感を好む国民性から、買う側も売る側も、たとえ老化しやすくても、カリカリ部分の多い細いパンを支持したこと。
・パンの公定価格との関係性
などを挙げられました。

また昔のカスクルートは30cmもあって、今とは違ってパンの消費量は多かったそう。カルヴェル教授の見解では、本来「カスクルートには野菜をはさむべきでない。パンの味が分からなくなる」とのことで、とてもなるほどと思いました。だからこそフランスでは「ハムとバター」というシンプルなサンドイッチが一番好まれるのだろうなあと、食の好みの国民性の違いについても思いを馳せました。

誰もがついついテレビや本からの情報は鵜呑みにしがちですが、正しくないことも含まれる可能性を念頭に置きながら、流されすぎないことを心がけたいものと思いました。(塚本有紀)


参加者のご感想より。
食べるよ会員 STさん(福岡市)
相変わらず皆さんパンの知識が豊富なので、素人の私が参加しているのは気が引けますが、皆さんのお話し聞いて刺激になります。
録画はまだ観ていないのですが、退出後の話が気になるので、早めに観てみようと思っています。今日はありがとうございました。

・・・・・・・・・・・・・・・・
食べるよ会員 ANさん(高岡市)
パンの間違った情報を仁瓶さんが指摘されるので、確かな事を教えて頂くこのようなセミナーが
大変に貴重な事だと感じました。

面白いなと思ったのはクープが入っていない時代のパンひとつからこの時代の小麦は力が弱いとか、
カスクルートに葉物が入っていない時期もあった事をお聞きし、
パンの形や大きさ、焼き方、食べ方、それらから当時の環境や
生活様式が想像(妄想も含め)できる楽しみも新しい発見でした。

その時代の生活道具、食器はどんなだったのか、料理はどんなものだったのかと考えると楽しくなってきました。
posted by パン・ド・ロデヴ普及委員会 at 16:42| Comment(0) | 2020年度

明石さんのおうちロデヴ企画

6月23〜25日には、ステイホーム企画「おうちロデヴ第7弾」として、
当会技術顧問、ブロートハイム明石克彦さんにパンの通販を行っていただきました。

送って頂いたのは
・パン・ド・ロデヴ、ロデヴのフリュイ、ロデヴのオリーヴ、そしてロデヴのノアです。
・焼き菓子セットも!
それぞれのお家で、おいしいロデヴを囲み、よい時間を過ごしていただけたようです。
(事務局)

お申し込み者よりは、こんなご感想をいただきました。
・・・・・・・・・・・・・・・・
支えるよ会員 YSさん(東京都)

パンはさすがの美味しさでした。
講習会などでもこの特別なパンを食べさせてもらえていたのだなと
コロナ以前が貴重な時間だったことに気が付きました。

会社では「明石さんのパン!」といって
すぐには食べず、持ち帰る人が多かったですね。

オリーブのパンは、オリーブの塩気と生地が絶妙でした。
ノアはくるみがぎっしり。くるみのあくどさが全くなくて、あればあるだけ
どんどん食べてしまいそう。
ロデヴは酸味が効いて、チーズとワインを合わせたくなりました。
仕事中でしたからできませんでした。
パウンドケーキの形をしたお菓子類、生地がほろほろ、ほどけるようで
食感に驚きました。クリーミーなところもあって、こちらも非常に美味しかったです。
明石さんのカフェは特別な空間。復活したら、いつか行きたいです。



・・・・・・・・・・・・・・・・
食べるよ会員 KKさん(箕面市)
明石さんのロデヴを祖母の夏野菜が沢山採れたので鶏手羽元のバスク風煮込みと一緒に頂きました。
ロデヴのあまりの美味しさに料理と一緒に食べることを忘れロデヴばかり食べてしまいました(笑)


・・・・・・・・・・・・・・・・
食べるよ会員 YAさん(西宮市)

チャイムがなった時、とても嬉しかったです!
箱にびっしりと詰まったパンを先ずは写真に収め冷凍庫へ。
翌日はパンが大好きな家族の誕生日でしたので、朝からロデヴでお祝いをしました。
ずっとずっと食べてみたかった明石さんのロデヴ。香りが良く、皮と内相のコントラストに驚くばかりでした。オリーブとノアは初めてで、楽しみにしていましたので、あまりの美味しさにゆっくりと噛みしめながらいただきました。
美味しいチーズも揃い、最高のお誕生日を迎えられ嬉しい限りでした。
お菓子は今週末にいただきます。
フランス菓子ははもちろん、ドイツ菓子も大好きなので楽しみです!

皆様のご尽力により、素敵な時間を過ごすことができ感謝申し上げます。
本当にありがとうございました!
IMG_6846.JPG
・・・・・・・・・・・・・・・・

食べるよ会員 KHさん(千葉市)
先日は待ちに待ったブロート ハイムのロデヴと焼き菓子を、楽しむことができ有り難うございました。
写真は最初に食べたロデヴです。あじフライやフェルミエのチーズで贅沢に頂きました。
焼き菓子やドイツパンはあっという間に、あちこちから手が出て写真を撮り忘れる始末。
それぞれ大変美味しく頂きました。
一番のお気に入りは、ロデヴ フリュイとロデヴ ノア。ロデヴの多様性と、定番の
ドイツパン。そして焼き菓子は、期待に充分応えて頂きました。

美味しく楽しい企画を、有り難うございました。
IMG_20210710_192934.jpg
posted by パン・ド・ロデヴ普及委員会 at 16:31| Comment(0) | 2020年度

オンライン「パンに合うコーヒー」セミナー開催

6月22日は「パンに合わせるコーヒー」と題したセミナーを開催しました。
スクリーンショット 2021-06-22 16.09.53.jpeg
講師は仁瓶利夫さんと、静岡の創作珈琲工房「くれあーる」店主で、日本スペシャルティコーヒー教会の焙煎部門委員会委員長でもある内田一也氏のコラボ企画。パンとコーヒーのマリアージュを考えるセミナーです。
5種類のパン(バゲット、パン・オ・ショコラ、パン・オ・ルヴァン、パネトーネ、イギリス食パン)にコーヒー5種類(ケニア、コスタリカ、エチオピア、ドミニカ、ガテマラ産)を組み合わせ、それぞれの風味と合わせる理由をお二人が語ってくれました。

試食用のパンを作ってくださったのは、バゲットとパン・オ・ルヴァンが仁瓶さん。そしてパネットーネ、パン・オ・ショコラ、イギリス食パンは「コシュカ」秋元英樹さんのお二人という豪華版です(とくに秋元さんのパネットーネは今注目の逸品なのです)。事前にパンと、内田さんのコーヒーが配送されているため、参加者はお二人の話を聞きながら実際に自分で試すことができるという、めったにない機会となりました。(塚本有紀)

詳しい講座の内容と感想は、ご参加のみなさんからの感想にて!

・・・・・・・・・・・・・・・・
食べるよ会員 YAさん(川崎市)
珈琲豆の火入れをしっかりしたものが美味しいコーヒーで、冷めても美味しいというのが
パンと全く同じでとても納得しました。
送って頂いた、珈琲はどれもとても個性的で初めて出会う味でとても興味深く、珈琲の世界を楽しませて頂きました。
オンラインセミナーは全ての珈琲を準備して飲みながら参加させて頂きましたが、
セミナーが終わって冷めた珈琲の味が、淹れたてとは違っていたり、
甘さを感じたりと、味の七変化を感じました。
成瀬裕子さんがおっしゃっていた事が良くわかります!
また、珈琲の産地の話や業界の裏話も面白かったです。

仁瓶さんのパンはもちろん素晴らしく!
パン・オ・ルヴァンもやはり一手間かかっていて、妥協のない仁瓶さんのパン作りを垣間見れて嬉しかったです。秋元さんのパンも珈琲とのカップリングでより美味しく頂きました。

パンと珈琲の組み合わせも流石のセレクトでした。
貴重なパンと珈琲、そしてお話をありがとうございました。
とても良い経験となりました。

・・・・・・・・・・・・・・・・
食べるよ会員 ANさん(高岡市)
今回は身近な飲み物コーヒーとの関係がテーマだったのと
皆さんの顔を見ながらのセミナーだったので(いつもは資料や画像を大きく見たいので皆さんの顔を見るのは最初だけにしていました)リラックスして家族と一緒に楽しみました。

セミナー中は、バゲットにコーヒーはケニアのロイを準備していました。
コーヒーは甘みも感じ美味しかったです。

私は酸味のあるコーヒーが好みではありませんが、
内田さんが提案されるコーヒーはこれまでも酸味を感じても美味しいので不思議でした。
上質な酸味は美味しいものだと気づかされた昨日でした。
焙煎で酸が変わるというお話も興味深かったです。
ですから、私が好きなパン・オ・ルヴァンの酸味にはエチオピアの爽やか酸味を合わせるという提案に興味深々で今朝はパン・オ・ルヴァンにバターとハチミツ、そしてエチオピアのゴラ コンで。
酸味に酸味とは!美味しい組み合わせにパンもコーヒーも進みました。

イギリスパンですが写真を見た時になんで周りに切込みが入れてあるのかと思っていましたが焼くと耳がサクサクするという裏技!明日の朝食に実践します。
これに合わせたガテマラのコーヒーですが、オレンジやマスカットまでは感じとれなかったものの甘みはあり、これは冷めるとテキストにあるようにミルクチョコのような口当たりというのがハッキリわかりました。冷めても美味しく飲む事ができました。

パネットーネ!美味しいです。これで満足のいくものではないとなると、満足のいくパネットーネとはどういうものなのでしょうか。
今日友人達にスライスして持って帰って貰いましたら、「今まで食べたパネットーネは何だったのか!」「別物だー!」と言われました。

セミナー前にもう試食試飲を済ませたパン・オ・ショコラと合わせたコスタリカコーヒー。
コーヒーはそのままでも美味しかったのですがミルクと合わせてカフェオレに。最初はちょっとだけミルクを入れてそれから自分好みに足しました。
深煎りじゃなくても美味しいカフェオレができますね!
私達は深煎りが好きなのですが、浅煎りでも芳醇な香りと深みのある豆に出会うと美味しいと感じた意味もなんとなく、なんとなくですがわかった様な気がしました。

ドミニカのコーヒーも香りが強くミルクと合わせても良いとの事なのでカフェオレでも飲んでみます。リモートは自宅に居ながらにして参加出来るので大変有り難い企画ですが
昨日は皆さんと一緒に共感したり話しながら食べたい内容でした。

・・・・・・・・・・・・・・・・
食べるよ会員 KKさん(箕面市)
昨日のオンラインセミナーありがとうございました。
気候変動によるコーヒー生産の影響や小麦粉の灰分のお話などとても勉強になりました。
パンとコーヒーについて仁瓶さんと内田さんからお話を聞けて嬉しかったです。
パンとコーヒーの組み合わせ、どれも想像を超える美味しさでした。内田さんのコーヒーを飲ませて頂くと自分が飲んでいたコーヒーはなんなんだと思ってしまうほど、色んな香り風味がして感動します。

・・・・・・・・・・・・・・・・
食べるよ会員 MNさん(西宮市)
自宅からズームのつもりで背景に仁瓶さんの本がチラ見せできるようにセットして出かけたのに、とんだハプニングで、これはとても間に合いそうにないとスマホに慌ててズームをインストールして、六甲山からの参加となりました。

私は背景がリアル六甲山になりましたが、
仁瓶さんの富士山はどこからの写真だったのか
内田さんの山もどこか産地の山かと私が再生した中には話題になっていなかったようです。
フレンチプレスのポット、Amazonで発注したので到着を待っています。
ロデヴの会でお目にかかったことがある方のお顔がチラチラ出てきて、嬉しかったです。
楽しい企画、ありがとうございました。
posted by パン・ド・ロデヴ普及委員会 at 16:25| Comment(0) | 2020年度

本間るみ子さんのオンラインチーズセミナー

6月7日はチーズのオンラインセミナーを開催しました。
IMG_6217.JPGIMG_6286.jpegスクリーンショット 2021-06-07 16.07.22.jpegPXL_20210607_073105759.jpg
今回ご登壇いただいたのは、ナチュラルチーズ専門店「フェルミエ」の本間るみ子さん、
日本に本格的なフランスのチーズを伝えて35年のパイオニアです。
今回のテーマは「初夏のチーズとパンのおいしい話」。
テーマのチーズは今の季節を考慮した4種類で、講座に先立ち参加者には、カマンベール・パストリゼ、フルムダンベール、コンテ8ヶ月、サント・モール・ド・トゥーレーヌが試食用に配送されています。
フランス山岳地帯の景色、牛、搾乳の様子、騎士団などなど、心和む写真のスライドを見ながら、本間さんならではのディープなチーズの話に耳を傾けました。カマンベールのいわれ、シェーブルチーズのおいしい時期、ブルーの大工場での伝統的製法、ミルクタンクが丸い理由などなど、地理や歴史、季候なども含めてのセミナーは非常に興味深いものでした。
参加者はリアルタイムでチーズを試食しながら、リラックスしてのセミナーとなりました。 ワイン片手に、ほろ酔い気分の方も!
(事務局)
以下は、参加者のみなさまよりの感想です。

・・・・・・・・・・・・・・・・


食べるよ会員 RFさん(あきる野市)
ヤギのチーズなど普段はあまり食べないので、本格的なチーズをパンと一緒に楽しめました。
先日、おうちでロデヴを取り寄せした、大村 田さんのレーズンとクルミのロデヴと一緒に頂きました。


・・・・・・・・・・・・・・・・
食べるよ会員 KKさん(箕面市)
チーズは普段から食べていましたが今回のお話を聞いて、知らなかったことがたくさんあってチーズのことももっと勉強しなくてはと思いました!
お写真も素敵なものばかりで、本当にフランスに行きたいなぁと思いながらお話を聞いておりました。


夕食に昨日作ったパンと一緒に頂きました。
どのチーズも今まで食べたチーズの中で1番美味しくて感動しました。
特にシェーブルチーズとくるみと蜂蜜の美味しさに驚きました!
この美味しさを知ってしまうとパンとコーヒーと同様、他のチーズが食べれなくなってしまいます笑
本当に美味しいものを知る機会を与えて下さり感謝しております。

・・・・・・・・・・・・・・・・
食べるよ会員 HNさん(高山市)
始まって講義して頂いてる間もチーズが食べたくて、仕方なくワインを飲んでいたら、すっかりいい気分になってしまいました。
本間さんのお話は本当に楽しく、牧歌的画像で旅気分、チーズとパンとワインは最高で、久々にリラックスしたいい時間でした。
コロナ禍によって高山に閉じ込められていますが、お陰で、仕事の合間に高山に居ながらにしてこんな素晴らしいセミナーを受けられるようになりました。
企画、準備をしてくださった方々、本間さん、本当にありがとうございました。

・・・・・・・・・・・・・・・・
食べるよ会員 ANさん(高岡市)
昨日のチーズセミナーは家族とふたり楽しく参加させて頂きました。
有難うございました。
まず送って頂いたチーズがどれも美味しく、画面のこちら側ではふたりで美味しい!美味しいと 連呼していました。笑
私達がチーズと共に用意したのは薄くスライスしたパン・オ・ルヴァンを軽くトーストしたものです。
それぞれのチーズにあう食べ方、特に若いコンテはマスタードとの相性が良い事も知り早速食べてみます。
説明と共に美しい景色の数々。本間さんのキュートなお人柄にも魅了され、旅した気分であっという間の楽しい時間でした。
有難うございました。

次回のセミナーも試食しながら楽しませて頂きます。

・・・・・・・・・・・・・・・・
外部参加者 MSさん
今回は「パン・ド・ロデヴ普及委員会」の素敵な会に巡り合わせていただきました事、大変嬉しく思っております。

私は、本間先生のチーズの世界にすっかり魅せられてしまい、現在では地元のチーズ仲間たちと活動を続けております。
昨日は短時間ではありましたが、 フランスの有名チーズ処が次々と紹介されてプチ旅行気分でした。
「チーズの窓」を通して眺めてみると、改めてフランスの変化に富んだ豊かな環境を感じさせられます。
そして、やはり本間先生ならではのお話はいつもとても面白く、昨日もアッという間に終わってしまいました!
「早く可愛い牛さん達に会いに行きたいなぁ」と欲求不満が一層募ります。
とても楽しい時間を有り難うございました。

パンもチーズも紀元前から続く本当に素晴らしい食べ物で、切っても切れない仲ですね。
美味しいパンとチーズの情報、これからもよろしくお願いいたします。
どうも有り難うございました。

・・・・・・・・・・・・・・・・
食べるよ会員 TKさん(府中市)
昨夕は素敵な時間を過ごすことが出来、感謝しております。
本間さんのチーズのクラスには何度も出させていただき、興味深いお話を沢山聞かせていただきました。
今回のパワーポイントのお写真や本間さんのお話を伺いながら、楽しかったクラスの事を思い出しておりました。
コロナで外出しづらくなり、本間さんとお目にかかる事も全くなくなっていたので、画像を通してですが、お話が出来て
幸せなひと時でした。

色々ご準備等、大変でいらしたことと思います。貴重な機会を設けていただき有難うございました。
次回のパンとコーヒーも楽しみにしております。


・・・・・・・・・・・・・・・・
外部参加者 NKさん
スムーズな進行に身を委ね、楽しい時間を過ごさせて頂きました。

放牧風景や、製造、マリーアレルさん、スイスの下山式など、本間さんならではの
視点、解説は、チーズにまつわる歴史や、家畜、生産者への敬意と愛情深さを感じました。
いつも尊敬します。コロナ時代に見ると貴重な風景ですよね。

動画共有もありがとうございます。

魅力的なセミナーを沢山企画されていて・・またぜひ参加させて頂きます。
今後ともどうぞ宜しくお願い致します。


・・・・・・・・・・・・・・・・
食べるよ会員 KIさん(吹田市)
短い時間でしたが楽しいフランスフランス国旗のチーズの旅をさせて頂きました。
お話をお聞きしながらチーズとワインをいただき贅沢なひと時でした❣️
地方の牛さんにも会えて

いつになるかわからないですがフランスフランス国旗に行けたらいっぱいチーズ買い込んで帰りそうですてれてれ
また機会がありましたら次回もチーズのセミナーしていただきたいです!
IMG_6287.jpeg
posted by パン・ド・ロデヴ普及委員会 at 16:22| Comment(0) | 2020年度

徳永久美子さんのおうちロデヴ企画

まだまだ当面、リアルでの食べる会や講習会は難しそうな状況なので、
ふたたび横浜の「ベッカライ徳多朗」徳永久美子さんに
おうちでロデヴ企画として、通販をお願いしました。
6月から7月にかけて送ってくださったのは、
・パン・ド・ロデヴのプレーンとクルミ
・ショコラのロデヴ
・玄米ブレッド
・フルーツぎっしりのライ麦パン
・とくたろうのグラノラ
・とくたろうのスコーン
の詰め合わせセットです。
手書きのイラストとともに、「こんなものと合わせて食べるとおいしいですよ」という情報をたくさん書いて送ってくださっています。
IMG_6845.jpg
そうしましたら、パンの到着後すぐにお便りをいただきました。

・・・・・・・・・・・・
食べるよ会員 RKさん(愛知県)より

こんにちは。いつも大変、お世話になっております。ありがとうございます。
本日、徳永久美子さんのパンセットが届きました。
ありがとうございました。

箱を開けて、たくさんのパンにびっくり。
ロデヴが3種類も入っていて、他にも私好みのパンをたくさん入れて頂いてました。
丁寧にパンの解説を、手書きとかわいいイラストで書いて頂き、とても嬉しかったです。
コロナの感染拡大で、なかなか行ってみたいパン屋さんにも行けず、美味しいパンが食べたいな〜といつも思っていました。
ベッカライ徳多朗の徳永久美子さんのパンにとても興味がありました。
パンを見ただけでも、徳永久美子さんの作り出すパンに、感動して、心がウキウキしました。
少しずつ解凍して、大切に食べたいと思います。楽しみです。
本当に嬉しいです。
旅行の出来る状況になりましたら、お店にパンを買いに伺いたいなあ〜と思っています。

パン・ド・ロデヴ普及委員会事務局では、このような企画をして下さり、いつもありがとうございます。
今後もよろしくお願い致します。
・・・・・・・・・・・・・・・・
こちらはAOさん(神戸市)より
フェルベールさんのコンフィチュールを大事にとっておいたのを、水切りヨーグルトと一緒に添えて味わいました。
コンフィチュールはアルザスのバラとマルタのオレンジです。
めっちゃ美味でございました!
IMG_6844.JPG
・・・・・・・・・・・・・・・・

食べるよ会員 AIさん(那覇市)
徳永久美子さんのパンセット、届きました。
楽しみにしていたパンドロデヴ、まずはその素朴な外観を眺めて、袋を開けるとふわーっといい香り。
まずはプレーン、外はガリガリ、中はいかにも水分が多そうなツヤがあって、食べるとなんとも言えない味わい。こんなに穴ぼこだらけなのに、なんでこんなに美味しいんだろうと思いながらいただきました。
準備していたいつもより高級なバターとペーストも、結局パンの味わいにはかないません。
胡桃、ショコラもそれぞれ美味しくいただきました。
パン屋さんめぐりでもなかなか出会えなかったパンドロデヴ、そのパン屋さんめぐりもなかなかできなくなった今、自宅にいながらいただけることに感謝します。
しばらくはゆっくり味わって楽しみたいと思います。
ありがとうございました。

posted by パン・ド・ロデヴ普及委員会 at 16:05| Comment(0) | 2020年度